MENU スポンサーリンク

感動したお話し 本当人と生きる時に教訓になる教え。 


スポンサーリンク

人は生きていると色んな事に巻き込まれますよね

 

 

 

自分で先の出会いや、

 

 

巻き込まれごとを決めれるならどんなに人生が楽しくなるか^^

 

 

 

な~んて思ったことも

 

 

 

 

でもね、 この世界で人とのお付き合いは必須 避けては通れぬ! 

 

事は、ないこともない ・・・・・、

 

                       けど、

 

 

 

それはそれで相当しんどいことをしなくちゃいけない。

 

 

 

でもね、それは考え方を、見方を変える事が出来れば、とらえ方もだいぶん変わってくるの

 

 

 

いやな事をしてくるやつ  そんな奴は 奴呼ばわりじゃい!!!

 

 

そんな奴はいいっぱいます。 優し人や人に気を使う人、

 

 

クッとこらえてしまうのでないかしら

 

 

そうだよね。 ここで怒鳴って張り合って、

 

 

周りからしたら他所でやってくれ!!

 

 

迷惑ってすごく意識しちゃうし 大人な貴方はこらえちゃう。 

 

 

 

 

自分の気持ち 

 

伝えたい感情       

 

             ちゃんとあるのに 

 

体は正直に出そうとしてるのに

 

 

、止めてしまう貴方がいる

 

 

だからね。少しでもそんな君が、この話で学ぶことがあれなばいいとおもって

 

 

 

この方はね。 とらえ方が、違いました。   いや、

ちがうなぁ・・・・・・・

 

 

 

そもそも考え方が聖人。  みたいな。

 

 

わたしはこの話に出会って、 教訓にしているん。

 

 

うん。ホントに。 このお話しに出会って感動したんです。

 

だから ちょっと話すね   

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

とある時の事。 

 

お釈迦さまという人がいました。   まぁ、みんな知ってると思うけど・・・・

 

 

お釈迦さまはたくさんの人に尊敬されていました。

 

 

 

それでもすべての人が尊敬の眼差しを向ける事はあり得ません。 

 

 

そんな姿に     

 

 

 

ひがみを切らしている人がいました。

 

 

 

「何が良くてこんなやつを皆集って 尊敬するのだ

 

    ほんと、ウザい。 

 

 

    超っ~気分悪い  目障り」

 

 

ひがんでいるその人はそう言いながら 

 

 

お釈迦さまを叩き落そうと思考を巡らせ

陥れる方法を考えました。

 

 

 

 

 

 

とある日の事

 

 

 

 

ひがみ人は お釈迦さまが毎日通っている場所があることを知り

 

その道にて待ち伏せしただわさ

 

 

 

その道にて、悪口を吹っかけてみんなの前で罵ってやろう。 

 

 

 

{お釈迦のやつw

   きっと我が悪口に怒りを切らし、 

            みんなも想像してないくらい汚い言葉を使い醜態をさらすに違いない!!www

 

そしたら、みんなもあいつのことを軽蔑してたちまち嫌われ者になるに違いない 

 

みんな離れて行って人気もおしまい。}

 

 

 

そして、それは決行へと移されます。

 

 

 

ひがみ人は言いました。 

 

 

お釈迦さまの前に立ち、  お釈迦さまに向かって 、

 ありったけの嫌味や悪口、 そして極めつけにひどい言葉を、、、

 

ファンの皆はくやしい気持ちでいっぱいでたまりません。

 

「なぜです!? あそこまで言わせて。 あんなに好き勝手に言わせていていいのですか?」

と、我慢もならず尋ねました

 

 

 

それでも、 お釈迦さまは何一つ言い返すことはなく、

黙ったままそのひがみ人の悪口を聞いていたんだわさ。

 

 

 

ひがみ人は 、一方的に  

 

 

お釈迦さまに対し悪態をつきつづけて、 飽きたのか、疲れたのか

 

腰を落としその場に座ってしばらくへたりこんでしまいました。

 

 

 

 

どんなに悪口を言っても、お釈迦さまは一言も言い返さないので

 

なんだか虚しくなってしまったの。

 

その様子を見たお釈迦さまは  ひがみ人に落ち着いて問いかけます。

 

 

【もし、他人に贈り物をしようとしたとして、

   その相手が受け取らなかったとき、

      あなたのその贈り物は

 

     いったい誰のものにだろうか】

 

 

 

こう問われ、ひがみ人は うざそうに答えます

 

 

 

「はっ。 そんなん 簡単じゃんか!!

   

       相手が受け取らなっかたんだから

     送ろうとした人のものだろう  

   そんなの当たり前の事だろう!」

 

 

ひがみ人は当たり前のようにスパッと言い切ると 答えてすぐに、

   

 

 「はっ!?」

 

  と口をあけました

 

 

お釈迦さまは 冷静なままさらに続けました

 

 

「そう。 今 、君は

わつぃの事をひどく叩いてきた。

しかしわつぃはその暴言を

少しも 貰わなかった。 

 

受け取らなかったんだ。 

 

だからね、君の言ったことは

すべてあなたが受け取ることになるんだよ」 

 

・・・・・・・・・・・

 

 「ぐはっ」

 

 

 

 

 感動しませんか??!   私はこの話を知ってこんなとらえ方があるんだ心を打たれてしまいまいまました。 

 

 

 

人って無責任なことたくさん吐く生きモンでもあるだわさ。 

 

だからね、たくさん傷つくこともあると思うのよね。 

 

なのでね、 すこしでもこれを読んでくれた方の力になっていれば良いなと

 

 

 

願いを込めて。   

 

 

この今でも大切にしている教訓を書いてみました。 (´ω`*)

 

お釈迦さま伝説、結構すごいですね!!|д゚)